徹底して音読!大学入試までに8千語 東京英語塾 秋葉原

徹底して音読! 結果で勝負! 塾生全員が結果を出す塾!

入塾専用☎03-4570-0834(祝を除く火・水・木・土13~20時 外部電話代行オペレーターの受付のみ) 
ニュース

6月時間割 長文指導開始!

6月からL2、L3クラスで長文指導がスタートします!

 

毎年、「この塾は長文をやらなくて大丈夫なんだろうか?」

という生徒さん達の顔が、長文指導を受けた後に、

「なるほど、今までの文法指導はこのためのものだったのか!」

と驚きに満ちてきます。

 

実力テストの数字もここから本格的に伸びます!

定期テストの点数の伸びはあくまでおまけです。(クリック)

今まで蓄積してきた文法と構文知識が発揮できます!

 

 

~今後の文法指導について~

L1.5までのクラスは7月から長文指導がスタートします!

長文読解の中でも、その都度、文法の指導を行いますのでご安心下さい。

曜日によっては「文法のみのクラス」も予定しております!

 

 

受講料上限制度について

 

 

どんな状況でも結果を出す!

周りの状況に流され悔しい思いをさせない!

生徒さん達が素晴らしい結果を残せるよう全力で指導させていただきます!

夏期講習について

夏期に関するお問い合わせが増えてまいりました。

ご質問:「夏期に集中的に受講したい、直前に入っても問題ないか?」

回答:「十分当塾の指導に慣れてから、集中受講することをお勧めいたします。」

当塾の指導は音読が中心でございますので、今まで音読でほとんど学習されていない生徒さんが、いきなり「夏期講習から毎日参加したい」というのはやはり難しいものがございます。

直前に入られた場合、受講回数に制限がかかる可能性があります。

また、現在定員に達するクラスが増えておりますので、早めにご入塾いただいた方を優先させていただきたいという思いがございます。

当塾の指導に慣れてからご参加いただくことをお勧めいたします。

 

5月は気候が良く学校行事が忙しい時期です。

5月中の受講開始が難しいという生徒さんは、

面談のみ5月中に済ませておくと、6月からスムーズにスタートできます。

 

夏期講習 時間割:

朝から夜まで開催 講座の数が通常期の2倍ほどに増えます。

詳細は決定次第お伝えいたします。

5月時間割・カリキュラム

2021年 英検準1級合格 3名!

 

4月にいただいた生徒さんからの素晴らしいご報告まとめ。

学校の英語定期テスト1番 3名!(4月16日更新 中学3年生の生徒さん追加)

定期テストで自己最高の学年11番になった! (新中3 女子生徒さん)

定期テスト 英語はいつも10番以内 (新高1 男子生徒さん)

定期テスト 英語は常に大体90~90後半点位(学校の方針で順番は出ず、「たぶん上位だと思う」生徒さん談)(新高1 女子生徒さん)

3月模試 英語 学年6番 定期テストは180/200点(新高2 男子生徒さん)

3月センター模試 リーディング8.5割、リスニング8.5割 (新高3 女子生徒さん)

学校の定期テスト 30番以内/一学年300人中 (新高3 女子生徒さん)

「英語の定期テストはいつも100点で一番でした。」(新中3 女子生徒さん)

当塾で学年不問で切磋琢磨し、音読で加速度的に学習している生徒さん達であれば、受け身の授業で ”ぼんやり” 学習している同じ学校の同級生を優に超える力がつきます!

 

5月時間割

変更点:

多くの生徒さんが参加しやすいように、

秋葉原教室 平日の午後17時~18時が文法のみの1時間授業になります。

日曜日授業開催!ご希望の多いクラスを日曜に新設します!

定員に達するクラスが増えてまいりました。ご予約は早めにお願いをいたします。

 

 

7月から ” 徹底した ” 長文講座が始まります!

特に夏期は毎日最低1長文を精読で読み込みます

夏に文法で右往左往していては間に合いません!

この時期に確実に文法を身につけましょう!

保護者様から頂いたご質問:入塾時期について

東京英語塾のHPにお越しいただきありがとうございます。

先週から当塾HPの閲覧数が爆発的に増え驚いております。

どうやら、都内の別の英語塾で集団感染がおこってしまったとのニュースに関連して当塾HPが上位に表示されるようになったようです。

幸いこちらは該当の塾ではありませんが、音読指導をしているということでご心配されている保護者様も多いかと思います。

そんな中で意外と多かったお声は、

「いい塾ですね、今まで知りませんでした。」

「大手の広告ばかりで、そちらの塾に気が付きませんでした。」

「コロナが落ちついたら、ぜひ検討させていただきたい、詳細を教えてほしい。」

といったポジティブなものでした。

こういった状況ではこちらも無理に入塾してほしいとは申し上げられませんので、ワクチンが一巡し、状況が落ちつくまで、是非じっくり当塾のHPをご覧いただき、ご検討いただければ幸いでございます。

こんな苦しい状況で当塾を選んでいただいている現塾生たちは、今まで以上に全力で指導させていただきます!

学校の同級生がどうあがいても追いつけないほどの圧倒的な差をつけましょう!

 

頂いたご質問:

Q「都内のコロナ感染者がまた増えている。入塾時期をずらしても大丈夫か?」

A、ワクチンの接種状況など、各ご家庭によって状況は異なりますので、個々にベストな選択をお願いしております。

 

コロナ禍における当塾の指導方針:

去年は、当塾に限らず、昼間に出講指導している予備校の生徒さん達も、「コロナで塾や学校で適切な授業を受けられない」という理由で、結局は大学受験が希望通りにならなかった生徒さん達が例年に比べ大勢いました。個々の努力の問題だと片づけられ、それが大きなニュースになることはありませんでした。

当塾ではきちんと対面での感染対策を行い、また相互オンライン授業などを利用し、生徒さん達の受験が周りの状況に振り回されないよう、学習効果の高い音読指導を継続してまいります。

 

対面授業:

人数制限、マスクの着用、十分な換気、入退出時の消毒の徹底

 

zoom授業:

人数を絞り、一人一人が発言する機会を十分に確保した相互授業

 

指導スケジュールについてのご質問:

Q、7月から長文指導が始まってしまうようですが、入塾を少し延期しても文法学習が間に合うのでしょうか。

A、出来るだけ文法学習に余裕を持った方がよいことに変わりはありませんが、もし今の時期に入塾が難しいようであれば、期間が短くても夏期までにできるだけすべての単元を一通り学習できるよう入塾後に調整をお願いいたします。

 

塾生・保護者様、入塾をご検討中の保護者様で、その他にも気になることご不明点等ございましたら何なりとお問い合わせください。

引き続き、全生徒さんが目に見える結果を残せるよう、講師スタッフ一同全力で指導させていただきます。

4月時間割・カリキュラム

2021年 英検準1級合格 3名!

学校の英語定期テスト1番 3!(4月16日更新 中学3年生の生徒さん追加)

1番になった生徒さん曰く、「いつもは10番台。今回も特に何もしていない、周りが勝手に下がっただけ。」とご本人はいたって謙虚でしたが、教室でその生徒さんの頑張りを見ている私たち講師からすれば順当な結果です!

おめでとう!

今まで実力テストや英検の結果ばかりで、定期テストの点数を生徒さんにお聞きしたことがありませんでした。

しかし考えてみれば、

当塾で学年不問で切磋琢磨し、音読で加速度的に学習している生徒さん達であれば、受け身の授業で ”ぼんやり” 学習している同じ学校の同級生を優に超える力がつくのは当然だ

と思いました。

まさに強豪校の理論です。

「部活の強豪校に入っていれば、たとえ2軍にいたとしても他校の1軍選手よりうまい」

 

追加:上記を掲載した次の日に、別の生徒さんが、

定期テストで自己最高の学年11番になった! と報告してくれました。

 

4月9日追加:生徒さん達から続々と報告を受けました。

定期テスト 英語はいつも10番以内 (新高1 男子生徒さん)

定期テスト 英語は常に大体90~90後半点位(学校の方針で順番は出ず、「たぶん上位だと思う」生徒さん談)(新高1 女子生徒さん)

 

4月10日追加分:本日もL2クラスに通う生徒さんからご報告をいただきました。

3月模試 英語 学年6番 定期テストは180/200点(新高2 男子生徒さん)

3月センター模試 リーディング8.5割、リスニング8.5割 (新高3 女子生徒さん)

学校の定期テスト 30番以内/一学年300人中 (新高3 女子生徒さん)

 

4月16日追加分:中学3年生で英検準1級に挑戦中の生徒さんの保護者様から

「英語の定期テストはいつも100点で一番でした。」

と報告を受けました。

こちらの生徒さんは定期テストのために多くの時間を割くことなく良い点を取っていたとのことで、実力をつける勉強(長期的な視点での指導)をしていれば定期テスト(個々の単元のテスト)もよい点が取れる実例の生徒さんだと思いました!

晴らしい結果はどんどんHPに載せますので、遠慮なく伝えてください!

 

~確実な合格のために~

早めのご相談・対策をお願いいたします。

毎年受験でうまくいっている生徒さん達には、“対策が早い” という共通点がございます。

特に、準1級合格までは少なくとも3回の受験が必要です。

1度で受かる生徒はほとんどおりません。

本格的な対策開始から合格まで最短半年~長くて1年見てください。

動き出しが早ければ、大学受験までに最低でも3回受けられます。

 

<準1級合格までの流れ>

1回目:お試し(初受験のタイミングは生徒さんが当塾の高校L1.5クラスに入れる英語力がついてきた頃が理想です。)、傾向確認、対策検討(必ず点数を講師に見せてください。)

2回目:対策効果の確認、1次筆記試験に無事通れば、音読補習に毎日来させてでも2次面接に1回で確実に合格させます!

3回目:予備日、すでに合格している生徒さんはさらに高得点を目指しましょう!

生徒さんの英語の成績に不安な点があれば、“早めに”、“遠慮無く” ご相談ください。

 

7月から ” 徹底した ” 長文講座が始まります!

特に夏期は毎日最低1長文を精読で読み込んでいきます!

夏に文法で右往左往していては間に合いません!

この時期に確実に文法を身につけましょう!

 

2021年度 受験結果 3月12日更新

<生徒さん達の受験結果>(3月12日現在)

「今年の生徒さん達の結果はどうですか?」

と保護者様からご質問頂きましたので、お答えします。

 

<3月12日 追加分>

東北大学 経済学部経済学科(準1級合格)

東京都市大学 理工学部

昭和女子大学 国際学部 英語コミュニケーション学科

桜美林大学 芸術文化学群  演劇・ダンス専修

跡見学園女子大学 文学部 現代文化表現学科

創価大学 文学部 人間学科

 

今年度、なんと受験校すべての大学に合格された生徒さんがおります。

こちらの生徒さんは、昨年夏の時点で高校のレベルを超えていましたが、「最後までペースを崩したくない」というご本人のご希望で受験まで当塾に通っていただきました。

以下、お一人の生徒さんによる合格実績です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

東京外国語大学 言語文化学部言語文化学科英語専攻(準1級合格)

早稲田大学 国際教養学部国際教養学科

上智大学 外国語学部英語学科

上智大学 文学部英文学科

立教大学 文学部英米文学科

法政大学 グローバル教養学部グローバル教養学科

中央大学 国際情報学部国際情報学科

学習院大学 国際社会科学部国際社会科学科

共立女子大学 国際学部国際学科

ーーーーーーーーーーーーーーーー

「Q&A 難関国公立受験に対応していますか?」

 

<推薦合格 6名>

上智大学 外国語学部 英語学科(学校推薦・準1級合格)

上智大学 文学部 新聞学科(学校推薦・準1級合格)

早稲田大学 商学部(内部推薦・準1級合格)

立教大学 異文化コミュニケーション学部(学校推薦・準1級合格)

学習院大学 国際社会学部(学校推薦・準1級合格)

獨協大学(AO入試)

 

<一般入試>

慶應大学 経済学部(準1級合格)

東京理科大学 経営学部

日本大学 理工学部

立教大学 法学部政治学科

成城大学 社会イノベーション学部

獨協大学 法学部

清泉女子大学(共通利用)

聖心女子大学 現代教養学部

多摩美術大学

法政大学 キャリアデザイン学部

東洋大学 ライフデザイン学部

 

受験生にとっては、コロナ禍や共通試験への変更など大混乱の中での受験でしたが、推薦でスムーズに合格を決めた生徒さんが多く、「推薦入試を選ぶ生徒さんが増加傾向にある」ということと、一般入試であれ推薦入試であれ、形を問わず「やはり準1級ホルダー達は受験に強いな」という印象です。中には、「準1級が推薦の決め手になった」と担任からはっきり言われた、という生徒さんもおりました。

 

追記:

今年度第1号の英検準1級合格者が出ました!

英検準1級合格 1名 高校2年生

 

追記:3月8日

今年度お二人目の英検準1級合格者が出ました!

英検準1級合格 1名 中学3年生

 

合格おめでとう!

準1級を受験された中で惜しかった生徒さんも沢山おり、合格は時間の問題だと思います。

来年度も塾生達が優位に受験を戦えるよう、早めに準1級に合格させます!

 

 

3月時間割・カリキュラム

多くのお問い合わせ、お申し込みをいただきありがとうございます。

定員に達するクラスが増えて参りましたので、3月から新規講座を開講いたします。

文法特化クラスは6月までを予定しております。

7月からは長文が中心の指導になります。

この時期にしっかり文法を身につけましょう!

 

入塾をご希望の方は、三者面談の中で詳しくお話をさせていただきます。

「体験入塾・お問い合わせ」

「予約する」

ご希望の日時をお選びください。

 

 

2月8日以降は1時間の前倒しは行いません。

緊急事態宣言が発令され、1月中に1時間の前倒し授業を行いました。

宣言が延長されるとの報道もございますが、前倒し期間は2月7日までとさせていただきます。

2月8日以降は通常通りの時間に戻ります。(対面は21時に終了となります。zoomは変更なし。)

帰宅時間が遅くなってしまうことが心配な生徒さんは、zoomへ振替を行ってください。

 

生徒さん達の受験結果(2月2日現在)

「今年の生徒さん達の結果はどうですか?」

と保護者様からご質問頂きましたので、お答えします。

 

受験生6/12名がすでに推薦で合格を勝ち取っています。

上智大学 外国語学部 英語学科(学校推薦)

上智大学 文学部 新聞学科(学校推薦)

早稲田大学 商学部(内部推薦)

立教大学 異文化コミュニケーション学部(学校推薦)

学習院大学 国際社会学部(学校推薦)

獨協大学(AO入試)

 

上記6名のうち、準1級ホルダーは5名です。

受験生にとっては、コロナ禍や共通試験への変更など大混乱の中での受験でしたが、スムーズに合格を決めた生徒さんが多く、「やはり準1級ホルダー達は受験に強いな」という印象です。

まだ受験を戦っている生徒さん達も多くおります。

結果が集計出来次第報告させていただきます。