徹底して音読!大学入試までに8千語 東京英語塾 秋葉原

徹底して音読! 結果で勝負! 塾生全員が結果を出す塾!

☎03-4570-0834(金・祝を除く月~土13時~20時 外部電話代行オペレーターの受付のみです。)
長文対策は行っていますか?

FAQ

長文対策は行っていますか?

徹底して単語力を鍛え、文法や構文を理解したら例文を暗唱できるまで読み込むことで、必ず長文を読むスピードは早くなります。

東京英語塾が全力で指導させていただくのはまさにそこです。

例えば未知の単語に出会った時、1語で5~10秒も考え込んでしまったら、それらが1長文500語の中に20個あったとしたら、100~200秒のロスになります。意味が分からなければ当然設問にも答えられず、正答率も落ちます。長文問題が3つも4つもある試験では10分~15分ほどのロスになり最後まで終わらないでしょう。

これが生徒さん達が「最後まで終わらなかった」、「長文で点数が取れない」という原因です。

語意を推測しながら文章を読んでいく方法もありますが、そもそも文章中の8~9割の単語の意味が分かって初めて成り立つ方法です。

確実に点数を伸ばすためには、まずは出来るだけ多くの単語をじっくりと時間をかけ覚えていくことが必要です。

 

また長文にはある程度慣れや読み方のコツも必要です。

授業の中で素早く要約を取る方法、設問に対する的確な答え方や出題者の意図の取り方などを解説します。

予備校での指導では、「MARCH長文対策講座!」、「ハイレベル私立長文英語!」など名前がついているものです。

講座名に惹かれその講座を受講する生徒の数は多いですが、そもそも単語や文法が身についていない生徒が多いことをとても残念に思っています。

逆に、単語力や文法がしっかり身についている生徒達にとって、これらのコツを学ぶことは造作も無いことです。

「○○大学対策講座!」など、大学別の傾向やテクニックを教えるだけの講座は、基本文法や単語がしっかり身についていることが大前提です。

 

当塾の生徒たちが特定の大学ではなく、幅広く合格を勝ち取っている理由がそこにあります。

高い英語力があれば、多くの大学の問題傾向に対応できるようになります。

勿論、大学入学後のTOEIC,TOEFL、英検等でも素晴らしい成績が残せます。

まずはしっかり単語を学び、正確な文法を身に付けてください。

 

 

« »