徹底して音読!大学入試までに8千語 東京英語塾 秋葉原

徹底して音読! 結果で勝負! 塾生全員が結果を出す塾!

入塾専用☎03-4570-0834(祝を除く火・水・木・土13~20時 外部電話代行オペレーターの受付のみ) 
学校の定期テストでは点数が取れますが、実力テストでは結果が出ません。

FAQ

学校の定期テストでは点数が取れますが、実力テストでは結果が出ません。

A、定期テストは単元別(動名詞・不定詞・関係代名詞など)テストです。そのバラバラの知識を組み合わせるために構文解釈を指導しています。まずは構文解釈の基礎レベルをきちんと理解できるようにし、早めに応用問題に取り組めるようにしましょう!

関連Q&A、毎回文章を構文解釈する必要があるのでしょうか?学校では習っていません。(入塾して日が浅い生徒さんからの質問)

私立大学付属校の生徒さんや推薦入試が多い学校は受験を想定していないため、構文解釈をきちんと教えていないところがほとんどです。

また実力テストを受ける機会も少なく客観的に自分の英語力を知ることが出来ません。大学入学後に直面するTOEICやTOEFLでは構文解釈の知識が不可欠です。

構文解釈は、

structure section(TOEFL)

word order(主に英会話)

英文解釈(受験英語における構文解釈の別名)

等、名称が異なるだけで「英語の語順には意味がある」ということを学ぶための非常に大切な要素です。

構文解釈に対して意識が低いとスピーキングで子供が話しているような簡単な文章しか作れなくなり、英字新聞などの複雑で長い文章が理解できなくなります。(「ブロークン イングリッシュ」は発音の上手い下手を意味するだけでなく、「英語の語順がデタラメで理解しづらい」という意味合いもあります。)

一般入学の生徒さんたちと大きな差が開いてしまいますので、高校のうちに習得できるようにしましょう。

« »